母の着物で!

私の母は着物の柄を描く作家

何年になるんだろ?

45年くらい描いているだろうか?

ある日のこと

「お母さんは74歳で死ぬと思う!」と母

「?」←私

もちろんそうなる

夢で見たそうだ…

着物作家の娘なのに

私は独りで着物が着れない…

着ないから着れないんだ!と母

「お母さんが生きている間に着れるようになりなさい!」

私は片道1時間かけて実家に

お稽古に行っている

母があと6年後に亡くなるか?は不明だけど

だんだん描けなくなっているのは

事実

目も手も老化には勝てない

「2022年にギャラリーを持つ!」と決めたのは

母の夢の話も理由の1つ

ギャラリーオープン記念には!

母に第一号の個展をして欲しい

目標を持つことは

きっと

良いクスリになる!

病院で生きるよりも

自分のやりたいことをやって生きてほしい

ただ着物が独りで着れるだけ

なら

つまらないから

自分の個展で着ていけるように

時間を作ってお稽古ってわけ

実家を離れて暮らした方が

母と私はお互いに良い刺激をし合えている

と思っている

2020-12-25T14:00:00

 

  時間  

次まで :

30th個展(Exhibition in KOBE)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください